Vラインの脱毛

エステサロンでの脱毛を考察する

Vライン脱毛に挑戦し硬くて太い毛が薄くなりました

読了までの目安時間:約 2分

 

私は昨年、Vライン脱毛を行いました。最初は毛の量の調整で迷っていましたが、毛質の量の調整もきちんと対応されたので、話し合いながら行いました。現在VラインとIラインの脱毛をしてます。当時はトータルで4回くらいは施術してもらいました。

 

小さめの紐パンやビキニでも大丈夫なように範囲を狭くして形を整えました。範囲が小さくなった分、毛が密集しているように見えて最初は、毛の量が多く見えてしまいます。しかし、無毛のままではやはり恥ずかしいと思いました。

 

たとえば旦那や子供と一緒にお風呂に入浴したときや、温泉などへ行った時など人目が気になります。それで私は、浅めのショーツをはいても大丈夫な程度小さくしました。範囲が小さすぎると、不自然ですからそのくらいにしました。個人差はありますが、VIOは再生力が強いので10回してもまったく生えないということはないらしいです。スタッフと相談しながら範囲を決めていける点は良かったです。再生しても産毛程度なのでほとんどムダ毛が目立たなくなりました。

 

アンダーヘア   コメント:0

ハイジニーナ脱毛で無毛にチャレンジ

読了までの目安時間:約 2分

 

ハイジニーナ脱毛のハイジニーナとは、衛生(ハイジーン)という言葉が由来で、つまりVラインやIライン、そしてバックのOラインといったデリケートゾーンを全て脱毛し、無毛にすることを言います。日本ではまだあまり普及していませんが、欧米の女性セレブではエチケットとして、もはや当たり前の施術なのです。もちろん、エチケットだけでなく、言葉の意味でもある衛生の面でもハイジニーナ脱毛はメリットがあります。

 

たとえば、生理の時のムレがなくなり、かぶれやかゆみ、臭いなどが解消されます。また、この部分の自己処理は大変危険でもあり、しかも処理を重ねることで黒ずみなどの色素沈着も気になるところです。こういったことも、ハイジニーナ脱毛をすることで解消されるのです。ただ、どうしても普段隠している部分なだけに、施術者といえども見られることに抵抗があるのももっともでしょう。しかし、エステ系のサロンでは女性に最大限の配慮が考えられている上、施術者のスタッフもプロとしてきちんと教育されていますので、過度な心配は必要ありません。わずらわしい自己処理にお困りなら、ハイジニーナ脱毛をお考えになるのも1つでしょう。

 

アンダーヘア   コメント:0